スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
部屋を出て
少し歩いてみた
涙が頬をつたう
待ち合わせした
あの公園も
語り明かしたベンチも
何もかも涙で滲んで
笑っている2人が見える
ゴメンとただ言えば
良かったのに
その一言が言えなかった

 love song みたぃな悲しいstory
 サヨナラ告げるあの公園
 笑ってバイバイしたかったよ
 ココロは今日も雨模様...








1番だけ笑

スポンサーサイト
【 2006/03/28 22:05 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
願い
空が青すぎて 涙も出ないよ
ふとした時 あなたの香りを
探してしまう
あたしの鼓動が 波打つたびに
あなたのコトあなたの温もり
思い出してる
ただ会いたいの願っただけ
神様もう一度

2人口ずさんだメロディーを
もう1度口ずさんで
2人見上げた星空を
全部ココロにつめこんで
ねぇ笑ってあたしの為に
ねぇごめんね笑えないよ
前が見えない

2人肩を並べたあの道を
もう1度歩いたり
2人帰ったあの家に
全部思い出おいてきたりして
ねぇ笑ってもういいよ
ねぇごめんね笑えないよ
あなたのために

***********************
パッと浮かんで消えた詩です。何
もう1個NANAをモデルにして
書いてみました笑))
ちなみに小松奈々(ハチ)目線ですワラ
***********************
↓↓↓↓↓↓
続きを読む
【 2006/02/14 18:13 】

未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) |
小さな手
小さなカケラ見つけた
ゆらりゆらりまたひとつ
あなたへの想い見つけた
ひらりひらりまた流れた
とても小さくて
見つけられなかった

本当は気付いてたんだ
手を伸ばしても
背伸びしてみても
あなたの背中は大きすぎて
ぁたしのこの手は小さすぎて

小さなカケラ見つけた
ゆらりゆらりまたひとり
明日への想い見つけた
ホロリホロリまた流れた
小さかったけど
いつもココにあった…

本当はわかってたんだ
耳ふさいでも
目を閉じてみても
あたしの声は大きすぎて
あなたの両手は遠すぎて

届かないよ
この両手は
会いたい・・会いたい・・

本当は気付いてたんだ
手を伸ばしても
背伸びしてみても
あなたの背中は大きすぎて
あたしのこの手は小さすぎて

二人の距離ははなればなれ

************************
ュィちゃん
 大好き!w
 ポチの詩に共感してくれるのは
 ユィちゃんだけなり笑))
 ポチの詩ってどっか変wゃヶんw
 でも、ポチ歌手にむいてるんだってw
 自分の気持ちを歌とか絵とかにこめてかくと
 人を元気にしたりできるらしぃですw
 カゥンセラーもむいてるねんてw笑
*************************
百万回の「愛してる」なんかよりも
一度ギュっと抱きしめたほうが早いだろう
なぁ俺みたいな恥ずかしがりは
こんな伝え方しかできないけど
本気で人を好きになったときに
台詞じみた愛の言葉なんていらないさ
俺は何もいわずに抱きしめるから
お前は俺の腕のなかで幸せな女になれ・・・w
「等身大のラブソング」 aqua Times
***************************


【 2006/01/22 15:49 】

未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
song for you
もしもあなたが今側にいてくれたなら
あたしはどうしようもないくらぃ
いつか2人でかなえると歌ったあの歌は
心の中でまだ流れてる

空に浮かぶ一番星が
キラキラ輝いてるから

あなたに歌を歌うわ
もう離れないでいようねって
ずっとあたしはあなたを
離さないでいようって

もしもあなたがいなくなってしまったら
あたしはどうすればいいのかな
強い光を失った孤独なあたしの涙は
やがて大きな海になって

海で泳ぐ人魚たちが
キラキラ輝いてるから

あなたに歌を歌うわ
もうずっと歌えなかった歌を
ありがとうたくさんの日々を
愛していましたって

*********************

I can't live your life.
But I can live with you.
you are not alone.
(私はあなたの人生を生きることはできない。
でも私はあなたと一緒に生きることはできる。
あなたは一人じゃなぃ・・)

いいでしょいいでしょwww笑))

*************************
【 2006/01/12 18:00 】

未分類 | コメント(1) | トラックバック(1) |
12時の流れ星(に変更!w)
もうすぐ部屋の時計の針が12時をさす頃
明日は君とお別れの日なんだか眠れないよ
まるで織姫と彦星みたいだねと笑ってごまかさないで
もう少し君のそばでその笑顔を見ていたかったのに

きっとまたいつか会えるよと微笑む君の
この手をまだ離したくないよ

忘れないでいて僕と過ごした日々
ほんの少しだけでもいいから
かなしい時つらい時はいつでも
思い出してこの場所を

もうすぐ君と別れてから3度目の春が来る
夕暮れの中あるいた道はなんだか忘れられない
きっともう会うことはないと何度も言い聞かせた
夢の中で会う君は背が少し伸びてなんだか切ないよ

きっとまたいつか会えるよと微笑む君は
夢の中においておくよ

忘れないから君と過ごした日々
夢の中においていくけど
さみしくなった夜はまた思い出すよ
君と歩いたあの道を

忘れないでいて僕とすごした日々
ほんの少しだけでもいいから
きっとまた会えるよねまだあと少し
忘れたくないあの場所を

********************
記憶力が悪いので
覚えておけません。死
**********************
【 2005/12/17 12:16 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。